競馬の予想方法

競馬の基礎知識

競馬の予想方法はひとつではない

競馬のレース予想をしたことがある人は、その方法の奥深さ、楽しさ、難しさに気づかされたことがあるのではないでしょうか。
予想の難しいところは、株や不動産などと違って長期にわたり様子をみることができるような性質のものではなく、あくまでも一回のレース結果を当てなければいけないことです。
また、当てるという意味では宝くじやロトなどのように数字を選んで買うようなものでもありません。
騎手と馬のコンディション、相性、レースの日の天候に左右されるため、データだけに頼ったり、オッズの数字だけに頼っても必ず想定外の結果が起こります。
それが競馬の楽しさでもあります。
予想方法は競馬新聞、インターネットからの過去データを参考にする人もいれば、昔好きだった馬の子供だから馬券を買う、など人それぞれです。
色々な方法を自分なりに試してみて、これが一番自分にあっているというやり方が一番楽しめる方法ですし、単に勝ち負けに拘るだけでなく、たとえ外してしまっても、レース観戦だけでも楽しいものです。

「大穴狙い」と「人気狙い」に分かれるポピュラーな「競馬予想」

競走馬にはドラマがあり、競馬場に行ったことのない方でもなじみ深いのが「競馬のレース」です。
ゲームを中心に、順位を予想するルールは一般的で、賭け事の興味に関わらず、誰でも親しめる内容になっています。
競馬場は「募金」を行っていることでも有名ですね。
そんなレース予測ですが、「大穴」というのがあります。
墓穴って意味ではなく「一攫千金」です。
これは、いわゆる「万年最下位」のお馬さんが2頭とも「1着と2着」になったら「とてつもない倍率の金額が入りますよ」ということで、めったに当たりませんが「沢山賭けて成功したらものすごい」のです。
これが賭けの最大の楽しみです。
また、大穴に興味のない人は、当たり易い馬券を買います。
これは人気のお馬さんがメインで、「成功する醍醐味と具体的にお小遣いが増える」点が魅力です。
レースを単純に楽しみたい方は、こちらがベストです。
また、夢で見たものを当てるという方法もあり、その他いろいろなバージョンの「勘の鋭い」人は、「予想」のドキドキ観が異なるでしょうから、こういった面を考えてみるのもおもしろいですね。

recommend

Last update:2018/1/12

COPY RIGHT (C) 競馬の基礎知識 ALL RIGHT RESERVED